現在の日本の理美容業界は、

欧米のトラディショナルなヘアスタイルの再燃により、

BARBERカルチャーが流行し、

刈上げを多く用いたヘアスタイルが多い。

 

「毛束・動き・軽さ」といったカット技法から、

「面・線・収まり・締り」といった理容技術を求められるヘアファッションへ移行してきた。

 

毛束・動き・軽さといった技法の開発向上により、

パーマをかけずとも似た表現できるように発展してきた美容師の技術だが、

全体的な美容業界のmen‘sヘアの体系化されたカリキュラムは

皆無と言っていいほど理容技術の周知と理解がないのが現状である。

美容業界におけるメンズヘアファッションは、

モデルありきでの個人個人の感覚による技術が多い。

また理容業界は、理容師人口の急激な減少に伴い、

巧みなクリッパーワーク技術や、

熟練により蓄積される刈上げのノウハウを知る技術者の引退等が顕著であり、

美容師・美容業界にその技術を伝える事が困難な状況下である為、

日本の理容技術を 正しく、即実践できる技術を学ぶ場が限られている。

​その、失われつつある

理容の熟練された匠の技と知識

全国の理容師・美容師のみなさんに伝承する事を目的とした

動画で学べるオンラインスクールである。

現在の日本の理美容業界は、

欧米のトラディショナルなヘアスタイルの再燃により、

BARBERカルチャーが流行

刈上げを多く用いたヘアスタイルが多い。

 

「毛束・動き・軽さ」といったカット技法から

「面・線・収まり・締り」といった

理容技術を求められるヘアファッションへ移行してきた。

 

毛束・動き・軽さといった技法の開発向上により

パーマをかけずとも似た表現できるよう発展してきた

美容師の技術だが

全体的な美容業界のmen‘sヘアの体系化されたカリキュラムは

皆無と言っていいほど

理容技術の周知と理解がないのが現状である。

美容業界におけるメンズヘアファッションは

モデルありきでの個人個人の感覚による技術が多い。

また理容業界は、理容師人口の急激な減少に伴い

巧みなクリッパーワーク技術

熟練により蓄積される刈上げのノウハウを知る技術者の

引退等が顕著であり

美容師・美容業界にその技術を伝える事が

困難な状況下である為

日本の理容技術を正しく

即実践できる技術を学ぶ場が限られている。

​一年間で​一生モノの刈上げ技術を身につける

© BARBER VIRTUAL SCHOOL